第139回「野川の桜」(2018/03/27 國學院大學3年 中山裕介)

別れの春、出会いの春。寮も連日引っ越しが続きドタバタしています。

先週、久々に帰省先の和歌山の実家から東京に戻ってきましたが、今年の東京の桜は例年に比べても早咲きで、和歌山より断然早いのに驚きました。

寮玄関前の桜はまだ七分咲きくらいですが、寮裏手にある野川の桜は満開です。

日曜日だった25日には河川敷でピクニクを楽しむ近所の方が大勢いらっしゃいました。

東京都心部から20km圏に位置する調布市ですが、この野川は地域住民の環境保全活動も活発で自然が残っています。

今年も恒例の一夜限りのライトアップが行われます。こちらのライトアップの機材設置・撤収作業は毎年有志の寮生もお手伝いさせて頂いています。

先日、TBS(MBS)系列の「マツコの知らない世界」でも「一番キレイなライトアップ」として紹介されましたので、今年は例年以上に見物客で混雑することが予想されます。

日程は開催2日前まで発表されませんが、寮近辺にお住まいの方、寮生のみならず新入寮生の引っ越しで来寮される保護者の方でご都合の合う方も是非ご覧ください。

ライトアップの日程等の情報については、照明機材を無償で提供して頂いている「株式会社アーク・システム」様のホームページをご覧ください。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)