第135回「新自治会長就任挨拶」(2018/01/13 東京大学2年 米原克磨)

あけましておめでとうございます。中山先輩から引き継ぎ、今年度の自治会長を務めさせていただくことになりました、東京大学二年の米原です。例年通り寮生の投票で選んでいただいたということもあり、皆さんのご期待に応えられるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

昨年の寮通信で中山先輩は、前自治会に引き続き「動ける自治会」を目指すと書かれていました。そしてそのお言葉通り、これまでの寮の規則の見直しや寮祭での新たな取り組みなど、多方面で様々な活動をされました。本当に一年間お疲れ様でした。ただ、まだまだ自治会三役とそれ以外の寮生との間には意識の差が存在するように思います。

そこで今年度の自治会は「みんなの自治会」を目指したいと思います。やはり寮の問題は寮生全員で考え、寮の行事は寮生全員で楽しまなくては意味がありません。寮長と自治会三役が勝手に決めたことに従っておけばどうにかなるし、面倒だったら参加しなくてもいいなんてことは決してないのです。

もちろん、何でもかんでも寮生全員で話し合って決めるわけにはいきませんし、学校の都合などで全員が全ての行事に参加することは難しいでしょう。だからこそ細々としたことはこちらがサポートし、大事なことはみんなで決めていけたらなと思います。そのためにも、普段から気になることや思いついたことがあれば積極的に教えてほしいです。この寮に入ってよかったな、先年よりも先月よりも快適で楽しい寮生活だな、そんな風に感じてもらえるように頑張っていきますので、ぜひ皆さんのご協力をお願いいたします。

それではこの辺りで、挨拶を終えさせていただきます。

一年間よろしくお願いいたします。

ある晴れた日の寮の屋上から調布市街を望む

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)