第132回 寮祭を終えて(2017/11/26 國學院大學3年 中山裕介)

寮祭実行委員長を務めました自治会長の中山です。先週開催しました、第61回寮祭の模様についてご報告させて頂きます。

本年度の寮祭も晴天に恵まれ、多くのお客様をお迎えすることができました。当日の朝10時よりミカンと鯛の販売整理券を配布しました。多くの方に並んで頂きましたが、好評につき配布開始6分で規定枚数全て(ミカン40枚、鯛20枚)の配布を終了しました。整理券1番目を獲得された方は9時半頃から並んでおられました。

12時の販売開始直前には100名を超えるお客様にご来場頂き大盛況となりました。閉会までに約200〜300名ほどのお客様にご来場頂いたかと思います。一部売れ残りも発生しましたが、販売状況は概ね良好でした。

今年は特別企画として、和歌山県公式PRキャラクター「きいちゃん」が出演し、お子様たちを中心に大人気でした。和歌山から離れた東京の地で、私たちの故郷である和歌山県を大いにPRできたかと思います

本行事は学生主体で運営している行事ということもあり、ご来場の皆様にはご不便ご迷惑もお掛けしたかと思いますが、今回の教訓を踏まえて来年以降の寮祭に役立てていきたいと思います。

最後になりますが、当日会場まで足を運んで頂きました近隣住民の皆様や本寮の役員・OBの皆様方、ご来場頂きありがとうございました。また、寮祭当日の運営のみならず準備段階からご協力頂きました寮職員の皆様、また自治会執行部副会長の林君や会計の夏目君をはじめとした寮生の皆さんにも御礼申し上げて、寮祭のご報告とさせて頂きます。来年以降も是非ご期待ください。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)