第90回 在京和歌山県人会通常総会に参加 (2016/09/17 國學院大學法学部二年中山裕介)

こんにちは。國學院大學法学部二年の中山裕介です。9月も半ば、私を含め多くの寮生は長い夏休みも終わり、もうすぐ大学も後期の講義が始まろうとしています。この寮通信も新年度に入ってからは新入寮生の記事が続いていましたが、新入寮生全員投稿を終え一段落がついたところで久々に投稿させて頂きます。
今月の11日(日)、他二名の寮生と共に「平成28年度在京和歌山県人会通常総会」のお手伝いに行かせて頂きました。私は初めての参加でしたが、想像以上に盛大な会で驚きました。100数十名はご出席なさっていたと思います。

kaijou
開式前の会場の様子。一人着席しているのは由良寮長。

東京を中心に活躍なさっている和歌山県出身者の方々が一同に会する非常に貴重な場でした。この県人寮の運営主体である公益財団法人和歌山県奨学会理事長の谷口博昭氏をはじめとした寮関係者の方々も多くご列席なさっていました。
私たち寮生は、会場入場時の抽選券の回収や会場案内、会の最後に行われる抽選会での景品のお渡しなどのお手伝いを行いました。この景品も、郷土和歌山の物産品やホテルの宿泊券など非常に豪華なものでした。
また、会場外では「ふるさと納税」の受付ブースも設置されていました。このふるさと納税制度ですが、和歌山県も他の自治体と同様、様々な返礼品が用意され、梅干しから海鮮類、和歌山ラーメンやお酒まで・・・ラインアップも充実しているようですので、県外居住者の方にはオススメです!この「ふるさと納税」制度ですが、寮祭でも告知や案内をしてみるのもよいのではないかと感じました。

最後は話が横道にそれてしまいましたが、このように和歌山から遠く離れた地で活躍する県出身の先輩方にお会いし交流できる場があるのも、この寮の魅力の一つだと思います。受験生の皆さんは、夏が過ぎてこれから受験に向けてさらに本格化していく頃かと思いますが、この和歌山県県人寮の入寮も是非お考えください!ちなみに、寮紹介パンフレットの「入寮生の声」欄に私の写真と「声」も掲載されておりますのでご一読ください。
さり気なく寮のPRも終えたところで、今回はこの辺りで終わらせて頂きます。
最後までお読み頂きありがとうございました。

以上

 

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)