第49回 「調布の紹介」 (2015/06/22 中央大学 1年 近藤扶)

こんにちは!今回寮通信を担当させて頂きました、中央大学一年の近藤扶です。前回ブログを書いた浅野君とは同じ学部学科で、お互い協力しながら大学の勉強を進めています。学生同士の助け合いがあるのも、学生寮のいいところですね。  さて、今回僕が紹介するのは、「調布市の2つの顔」です。僕達の寮は調布市にあり、東京中心部と多摩・八王子地域の中間地点です。その調布市は、ビルや商業施設が立ち並ぶ都会なのに、自然豊かな田舎でもあるという二つの顔を持っています。

gTA6prd (1)

これが調布駅周辺の様子です。駅前には服や電化製品、 スポーツ用品を扱う店があります。

Hakad2I

そしてこれが寮に一番近い国領駅周辺の様子です。 駅の辺りにはマンションが多いですね。

EzcQbTdCyBkCEX

でも国領駅から少し歩くと、 緑と生き物がいっぱいの川が流れています。写真を撮った日には、 大きなコイが何匹も泳いでいて、また違う日には、 カルガモの親子が仲良く泳いでいました。

どうでしょうか、 調布とそこにある寮に興味を持って頂けましたか?

(2015/06/22 中央大学 1年 近藤扶)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)