第45回 「寮」 (2015/5/23 青山学院大学2年 温井雄平記)

今回、 寮通信を担当させていただくことになりました青山学院大学教育人間科学部心理学科の温井雄平です。つたない文章ですが、 良ければ読んでください。
まず、個人的なことですが、私は大学で「ロイアル・サウンズ・ ジャズ・オーケストラ」という音楽系の部活に所属しています。 部活に費やす時間がどうしても多いため、 寮の行事や日常的に皆で遊んだりする時も、 参加出来ないことが多いです。申し訳ない気持ちです。しかし、 それでも、皆さん、親しくしてくれます。それどころか、 疲れる日常や大学生活の嫌なことを忘れさせてくれます。 故郷から離れて一人で東京に来た自分に、 一人じゃないと思わせてくれます。おかげで、 部活にも思い切り打ち込めます。 もし和歌山寮で生活していなければ、 いろんな意味で僕の大学生活は味気ないものになったでしょう。 更に、僕は元々一人が気楽で好きというタイプで、あまり、 他の人と行動しないタイプでした。だから、集団行動でも、 一人だけ違うことをしていることはよくありました。しかし、 寮生活のおかげで、友達といる時間の大切さを強く実感しました。 それは、昔から勿論、今でも、一人でいるのは好きですし、 皆と違うことしてることもよくありますけど(笑)

(2015/5/23 青山学院大学2年 温井雄平記)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)