第7回 寮紹介 ~食堂編~ (2014/7/25 東京大学一年 村井 開)

みなさん、はじめまして。
和歌山県学生寮一年生の村井開と申します。

今回は、いよいよ寮紹介ということで、まず私たちが毎日お世話に
なっている食堂を紹介いたします。

と、その前に折角の機会ですから、新入寮生の目線から寮の印象を
述べさせていただきます。この学生寮は何といっても居心地が良い
です。当然、大学に入れば自分の所属するコミュニティが大学にも
いくつかできるとは思いますが、同郷の人たちが集まって共同生活を
する学生寮という空間は特別なものだと感じています。寮の施設を
共用する中で連帯感や責任感も自然と生まれますし、それゆえに寮生
同士の間に強い心のつながりが生まれます。また、様々な大学の学生
と交流を持て、自らの視野を広げる良い機会を与えてくれる場所とも
なっています。

さて、本題に戻って食堂の紹介をいたします。

食堂では、平日と土曜日に朝食と夕食を出してくれます。ご飯と汁物
はセルフ方式でおかわりも自由です。また大画面のテレビや新聞もあり、
寮生の憩いの場となっています。

applic19

こちらが料理人の大野さんです。とても気さくな方で、料理にも
温もりが感じられます。ちなみに夜遅くなる日には、お願いして
おけば料理の取り置きも行ってくれます。

applic20

この写真はある日の朝食の一例です。栄養バランスも考えられてい
ますし、味もとてもおいしいです。また、バリエーションも豊富な
ので飽きも来ません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(2014/7/25 一年 村井 開)

 

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)